上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊パークゴルフ新聞は、1月1日をもって新しい編集長に副編集長だった浅井博朗をリリーフ登板に起用。

私は一歩下がって編集局長として陰の陰の立場になる。

来年5月の創刊10周年にあたっての月刊パークゴルフ新聞の必勝リレー策である。

すでにこの情報を知った一部の人から、

「局長だなんてもっと格が上がったんじゃないか」と

早くも冷やかされたが、ふつうは編集長の立場は重く、権限はゼッタイである。

私はその編集長をかれこれ20年やって降板するが、べつにノックアウトされたわけじゃない。

これからはやれなかったことを気ラクな立場でやってみたいと思っている。

飛び飛びになるかもしれないがこのブログも、新聞の「風の吹くまま」も

ごく自然にやってみたい。

今年はこれでザ・エンド。

今宵のクリスマスイブは、にわかクリスチャンになって、町の教会で敬虔な祈りを捧げる。

とても柄じゃないと思われそうだが、これも私の一面です、

新しい年もよい一年でありますように祈りたい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kazenohukumamaweb.blog.fc2.com/tb.php/96-921a6aa7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。