上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本中どこもかしこも、夏祭りや盆おどりで賑わっている。

札幌も6月のYOSAKOIソーラン、北海道神宮大祭札幌まつり、

そして先週は北の最大の盛り場すすきのを舞台にすすきの祭りでごった返した。

この祭りの期間中、ふだんでも賑やかなすすきのの横丁という横丁、路地から路地まで

屋台でびっしり埋め尽くされた。

私は時間が遅かったせいもあって座る席もなく立ち飲みで観光客の人とビールでカンパーイ!

久しぶりに思わぬ観光客の気分になった。



すすきの祭りは、みんなが見どころいっぱい。

なかでもメインは時代の絵巻花魁(おいらん)道中であろう。

それを見たさに重い足を引きずってすすきのに出かけた。

私も途中空白があるもののすすきの歴50ン年、古き良きすすきのを顧みた。

なぜかしらん胸にぐっとくるものがあった。

毎日が祭りだという人はべつにして、このすすきの祭りが終わると札幌のイベントもひと段落。

今年はわからないが、例年だと今月の20日すぎには秋の気配が感じられる。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kazenohukumamaweb.blog.fc2.com/tb.php/76-ccf37dd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。