上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こう見えても競馬は、私の趣味のひとつにしている。

その経歴は年の数ほど長い。

4歳秋のクラシック戦線は、先々週は秋華賞、先週は私の好きな菊花賞が行われた。

とくに菊花賞はもう36年も前、京都・淀でグリーングラスが勝ってゴールをした瞬間、

夕陽が馬体に映え、これが“後光が射す”という奴かと思った。

このときから競馬は壮大なロマンだと思い、いっそう馬が好きになった。



両レースとも、グリグリの本命馬が勝ったが見応えがあった。

とくに秋華賞では、2,000mも走って写真判定。

わずか3cmの鼻差で史上4頭目の牝馬三冠馬が誕生した。

私は鼻が低いばかりに人生鼻差で負けているが、馬にも鼻が高い低いってあるかしらん。

運も実力のうちというが、強い馬はいつも勝運にもめぐまれている。



こじつけるわけじゃないが、パークゴルフの競技も全く一緒。

もしかして競馬は鼻差で勝つ、パークは一打差で勝つ。

これが一番強い勝ち方かもしれない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kazenohukumamaweb.blog.fc2.com/tb.php/45-2cc0cdaa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。