上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島県の通称浜通りは、うつくしまといわれる太平洋の美しい海岸線で、

いくつものパークゴルフ場があった。

茨城県の境に接する広野町の二ツ沼運動公園パークゴルフ場は、

今から10年程前北海道で人気の出始めたパークゴルフを

この公園のスポーツ施設として造られた。



私は4年前の春、桜の写真を撮りにこのコースにやってきたことがあるが、

今回長く地元の政治に携わっている人と、このコースの様子見に訪れた。

コースはみかん、やまゆり、二ツ沼、さくらの4コースの36ホール。

現在は休眠中だが、毎日何組かのプレーヤーがやってくるという。



コースは思ったより荒廃していない。

ちょっと化粧すれば、あすにも営業できそうだが、それを妨げるのが放射性物質の汚染である。

除染はスコップやくわを入れて、コースの表土をはぎとる手作業による人海戦術で行う。

コースは年内中に芝を張り替え、来春にはみかん、やまゆりの営業を再開したいという。

汚染処理は目に見えないぶんタチが悪い。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kazenohukumamaweb.blog.fc2.com/tb.php/39-b291b9fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。