上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近所を散歩していると、何をブラブラ歩いているんだとばかり、

なぜか私にばかりカラスが突進してくる。

つい先日も3~4羽のカラスがグルになって、私の顔をめがけ襲ってきた。

とっさに両手で顔を覆ったが、1羽のカラスが頭にゴツンとぶつかってきた。

結構痛かった。

今はカラスの鳴き声を聞いただけでゾーとする。



お盆をすぎ小樽はもうすっかり秋の風。

先週末久しぶりにピンチヒッターでワインの丘パークランドの「小樽信用金庫杯パークゴルフ大会」に行った。

このコースから見渡す小樽の海と街並みが思わず旅情を誘う。

この日は雲の動きが速く、めまぐるしく天候が変わった。

先日もお隣の余市の北海道オープンに行ったが、このあたりフォーシーズン果実の香りがする。

この高台も近くのワイン工場のワインの薫りがしてくる。

帰りにそのワインを1本もらって、夜はハンバーグで芳醇なひとときを送った。

今週は創刊10周年ウィークで忙しくなりそうだ。

スポンサーサイト
ススキノに出たら、大通公園から北海盆唄が流れてきたので、久しぶりに会場に行ってみた。

みんな輪になって踊っていた。

昔なつかしいお盆の風景がそこにあった。

私のガキのころは近所の空地の盆おどりを聞きながら、みんな集まって

ご先祖さんがぶじに家にたどりつけるようにと迎火を焚き、

ぶじに帰れますようにと送火を焚いた。

そのうち私が迎火を焚いてもらう番だが、最近はこんな風習はとんとお目にかかれない。

お盆で帰省した多くの人たちはそれぞれふるさとを楽しんで、

今週からまたもとの生活にもどる。

それにしても、先週末の朝晩涼しすぎやしないか?



さいきん楽天イーグルスの星野監督じゃないが腰がギャフンと痛い。

先日、日帰り温泉でまじめな全身マッサージを受けたら、少しラクになった気がする。

身体がコチコチだといわれた。

私はいま初心にかえってかくさんの初心者講習にフレッシュな気持ちで取り組んでいる。

そのうちショットがビッシバッシ唸る気がする。

お盆のころになるとどこへ行くわけじゃないが、身体の方が勝手に夏休みに入る。

このところずっと台風情報に追われているが、道内各地は先週末もいろんな大会があったようで、

うちのスタッフはあいかわらず暑さの中を飛びまわっている。



さて、今月末月刊パークゴルフ新聞創刊10周年大会が次のとおり行われる。

「10周年記念パークゴルフ交流大会」

日時/8月27日(水)8:30~受付
会場/札幌パークゴルフ倶楽部福移の杜コース
会費/2,000円(昼食なし)

「10周年記念祝賀パーティー」

同日18:00~(開場17:30)
会場/ジャスマックプラザホテル<ザナドゥ>
会費/6,000円

「まちむら農場杯男女ペアマッチオープン」

日時/8月28日(木)8:00~受付
会場/えべつ角山パークランド
会費/2,500円(昼食付)

皆さんと一緒にパークゴルフを楽しみたいと思います。
お申込みはいずれも8月20日(水)まで。
ご連絡は月刊パークゴルフ新聞011-530-0089までお願いいたします。


自分の住んでいる自慢の北海道を見せたくって、

2人の妹といとこを10年ぶり北の大地へ誘った。

なんたって自分も入れて300歳の珍道中である。

予定ルートは登別温泉、ニセコ、積丹、小樽を通って

札幌へ戻ってくる定番コース。

そこに3人のリクエストを取り入れた。

下の妹は登別の時代村の大芝居と積丹の生ウニ丼で、

舌にとろけるウニに大感激していた。

いとこは洞爺湖サミットの会場となったウインザーホテルで、

水だけでも飲んできたいという。

洞爺湖を見おろす11階のレストランで天せいろを食べたが

旨かった〜。お値段も結構なもの。

でも、旅の記念になったという。

上の妹は小樽の裕次郎記念館。裕ちゃんの歌を口ずさみながら、

あのときを思い起こしていた。

私にYUJIROのネームが入ったシャツをプレゼントしてくれたのには

思わずジーンときた。

私はオーンズ春香山のゆり園へ3人を連れて行った。

小樽湾の青い海と空をバックに咲く180万輪のゆりの花でおもてなしだ。

札幌駅で3人を見送ったあと、急にさみしくなった。

でも、私もけっこう優しいんじゃんと思った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。