FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、北竜町のひまわりは、まだ小ぶりだったが、1週間たってだいぶ大きくなった。

見頃は8月10日頃だという。



今年の第18回南北海道大会は、一昨年JALカップ全日本選手権の開催コースとなった、

空知の雨竜町いきいき元気村と北竜町ひまわりの両コースで行われた。

コースは先週なかばに、どっと雨が降り、芝は見違えるほど青くなった。

炎天下で水分が必要なのは、人間も自然も全く一緒のようだ。



大会は男女別個人戦。  私は来月8月29日、えべつ角山パークランドで

「まちむら農場杯女子オープン」を抱えているので、

もっぱら関心は女子の大会が行われている北竜コースに気が向いていた。


参加者は男子196名に対し、女子は86名だったが、

女子オープンは最終的に何人ぐらいになるのか。



女子だけの大会は回を重ねるごとに参加者が減る傾向にあるという。

そんなことを聞くと落ち着かないどころか不安になる。



まだ、8月20日の締切りまで時間がある。

ただいま参加者募集中である。




スポンサーサイト
今年も先週末、ピポット道東大会でオホーツクの町浜頓別に出かけてきた。

べつに急ぐ旅でもないので、途中寄り道したせいもあってたっぷり8時間はかかった。



国道275号線に面した空知の雨竜・北竜は今週末南北海道大会が開かれる。

そのためか両コースともその練習ラウンドで賑わっていた。

とくに北竜町のひまわりがどれ位咲いているか楽しみだったが、

花はまだまだ小ぶりで見頃は8月上旬かな、とコースの人は言っていた。

さらにまじめに幌加内の100年記念公園、美深町のパークゴルフ場に途中下車。

もう何度か訪れたコースだが、どうも少雨のため芝が枯れているのが気になった。



浜頓別は北緯45度クッチャロ湖に飛来する白鳥が羽を広げたような町。

その白鳥は晩秋シベリアからやってくる。

朝夕は涼しさを通り越して肌寒さを感じたが、

大会はオホーツクから吹きつける爽やかな風に快適そのもの。

競技を見守るピポットの平川社長も満足そうだった。

ピポットは次代を見据えて一生懸命競技をする大会である。

2013.07.16 熱中お見舞
先週末、えべつ角山パークランドで2つの大会があったが、暑さもそれほどでもなくヤレヤレだった。

先日の函館での北海道オープンに参加した関東の人は、暑くても函館湾から吹きつける

爽やかな風に、もう帰るのがイヤだと言っていた。



暑さってフシギなもので、沖縄や九州は日頃が暑いせいか、猛暑日というコトバは使われない。

死ぬような暑さを記録するのはいつも西日本や関東地方が多い。



先日も米国のどこだったかで、気温が50度を超えた。

ひょっとしてこの異常気温はどこかで40度に達するかもしれない。



各コースで一番心配しているのは熱中症で、水や塩分梅ぼし等を随所に用意し、

万一の際の救急搬送先まで万全を期している。



私も昔は関東の人間だからわかるが、日中の暑さもさることながら熱帯夜の暑さもきびしい。



先日、わが社のスタッフが東京に出張したが、

その暑さにヒィーヒィーいいながら帰ってきた。



本州の皆さん、暑かったら北海道へいらっしゃい。気分だけでもしのげるよ。

2013.07.08 ある日函館で
七夕はガキの頃から7月7日だと相場が決まっていた。

それがなんで7月は(神奈川の)平塚の七夕、8月は仙台の七夕となったのか誰か教えて!



この週末、北海道オープンで函館に行ってきた。

函館もこの7月が七夕で、子供たちにとって楽しい日なんだそうだ。

ついでにいうと、星は雨が似合わない。

この七夕の日は雨が降らない特異日だともいう。

今年も見事に晴れ上がり、津軽海峡からすずらんの丘公園パークゴルフ場に

吹き抜ける風はなんと心地のよいことか。

この日、関東地方はツユが明けたとたん35度近い猛暑日。

道外から参加したある人は、暑さの質が全然ちがうと言った。

コースはさすが北海道オープンに立候補するだけのことはある。

その景観は函館浪漫である。

函館へは5月の木古内のピポット道南大会以来2度目。

来月には3たび函館へ行こうと思っている。

いい店を見つけたのと函館で行われる札幌記念を楽しみにしている。

どこぞからそんなパークの大会知らねえぞ、といわれそうだ。
本紙ではこの夏2つの大会開催をめざして着々準備を進めている。

昨年の「月刊パークゴルフ新聞杯」は、創刊100号記念と題して行われたが、

今年は幕別町で生まれたパークゴルフの発祥30周年というお題目がついて行われる。

しかも開催コースが恐れ多い。

今年5月に札幌市最大級のコースとして誕生し、話題の

札幌パークゴルフ倶楽部福移の杜コースである。

私は勝手に今秋の全日本選手権を見据えた大会として位置づけている。



また、今年3回となる「まちむら農場杯女子オープン」が

えべつ角山パークランドで行われる。女性だけの大会は難しいとされるが、

今年も女性に嫌われないようにしなきゃ、と思っている。

どちらの大会も道外から参加者が多数やってくる。



■パークゴルフ発祥30周年「月刊パークゴルフ新聞杯」
8月28日(水)札幌パークゴルフ倶楽部福移の杜コース

■「第3回まちむら農場杯・女子オープン」
8月29日(木)えべつ角山パークランド

両大会のお問い合わせ・お申し込みは―――

月刊パークゴルフ新聞
TEL011-530-0089
FAX011-530-0090
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。